menu
【中学・高校】〒272-8533 千葉県市川市国府台2-3-1
TEL.047-371-1120 
学校案内

校長挨拶


校長 太田 陽太郎

しなやかに、たおやかに。
和魂洋才と自主自立の精神で、日本女性の美徳を備えた
エレガントな国際女性を育てます。

『和洋』という校名は「和魂洋才」の精神、つまり、日本の伝統文化を大切にしながらも、思い上がることなく、海外のすぐれたものを積極的に取り入れる姿勢を表しています。本校では、十代の女子の特性を十分に考慮し、女性としての豊かな感性と品格を養う教育をしっかりと実践していますが、それは決して「女性は家庭を守るから」という狭い視野に立ったものではありません。自分を生かしながら、社会のためにその自分を使っていく。日本女性としての美徳を身につけた生徒たちが、そんなグローバルな人間に成長していくことこそが私たちの願いなのです。また、本校では伝統的に実験学習を重視した教育を行っています。ここには、皆さんを成長させる素晴らしい出会いと体験のチャンスが豊富に用意されています。ぜひとも私たちと一緒に、豊かな教養と国際性を身につけたエレガントな日本女性をめざしてください。

教育方針

百年を超え支持されてきた女子教育の伝統と、未来を先取りする指導は、
女性の自立をめざす今の時代にこそ必要とされています。

中学・高校・大学までの一貫教育の場として恵まれた環境に施設設備を整え、和魂洋才を基調として明朗和順の徳性を涵養し、実験学習を重んじる学習と、徹底した生活指導に意を注ぎ、有為な日本女性を育成することを目的としています。

和魂洋才

和魂洋才に込めた思い。

和洋学園は、明治30年に創設されました。「和魂洋才」の建学の精神に基づき、「明朗和順」の徳性を養い、有為な日本女性を育てることを目指しています。また、高等学校のある国府台の地には下総の国府があり、現在も地下には、当時の遺構が数多く残されております。
「和魂」とは、日本および日本人の良き伝統と資質を意味し、「洋才」は外国のすぐれた文物を学び取り入れることを意味しております。「明朗和順」とは健康で明るく、仲良く平和に生活することです。このために、お互い“おもいやり”、人の為になる「奉仕の精神」とその実践が大切です。和洋高校では、この建学の精神により、仲良く明るく、お互いの能力と徳性を伸ばすように、工夫と努力を重ねています。

和やかにして

■ 春望亭
中学・高校・大学までの一貫教育の場として恵まれた環境に施設設備を整え、和魂洋才を基調として明朗和順の徳性を涵養し、実験学習を重んじる学習と、徹底した生活指導に意を注ぎ、有為な日本女性を育成することを目的としています。

■ 礼法
礼法を春望亭にて1年生全員が週1時間必修で勉強しています。日常の立ち居振舞いから、日本間での作法、お茶の点て方など、日本女性として欠かせない知識を学び、日本人としての心を磨きます。日本の伝統文化を学び、日本ならではの美徳と精神を身につける。礼法で得るものは、単なる技術ではなく“こころ”です。

■ 邦楽
クラス授業として3年生全員を対象としています。時期は第3学期とし、琴の体験学習を主として学習します。情操教育の一貫として、また、実際に体験学習することにより、日本の伝統芸能のすばらしさと大切さを学びます。

■ 鑑賞行事
年1回、演劇・音楽・古典芸能の順で鑑賞会を実施。それぞれの持つ豊かさや美しさを感じとる感性を育て、高めていくことは、豊かな人間性の育成のため、鑑賞が果たすべき大きな意義と役割であると言えます。また、内容により父母の皆様にも鑑賞していただいております。

■ 合唱コンクール
合唱の美しさを味わい、表現するには、旋律やリズムと共に調和の美しさを感じる力―和音感を豊かにすることが大切です。生徒達は音の和(ハーモニィ)の大切さを学ぶと同時に、友情の和が広がります。

■ 校内に咲く季節の花
四季の移ろいを大切にする“日本の心”を身近なところから感じてもらいたいと、教室やトイレに季節の花を欠かさず活けています。

洋々たる

■ ネイティブスピーカーの先生による英会話授業
ネイティブスピーカーの先生を交え、歌やゲームまたなどを通じて楽しく学習をすすめていきます。英会話のスキルだけではなく、日常的なトピックで比較していき、日本と外国の違いを認識していきます。その上で世界の中の日本と、日本の中の自分への考察を深め、国際感覚を養っていきます。

■ [中学3年] ブリティッシュヒルズ語学研修
福島県にできた英国村、ブリティッシュヒルズでパスポートのいらない短期留学。気軽に楽しく異文化体験ができます。

■ [中学3年] 英国文化歴史研修
中学3年の夏休みのブリティッシュヒルズ研修につづく第2段階として、本場英国で、その伝統・文化を体験します。

■ 情報コミュニケーション教室
コンピュータを20台設置。クラブ活動で使用したり、放課後には生徒に自由に解放しています。

■ CAL教室
CALとは、Computer Assisted Leaningの略。コンピュータを45台設置。総合的な学習の時間や各教科の授業で、情報の収集、レポート作成や発表などにコンピュータを使用します。また、マルチメディア教材を使って、語学の学習も行います。

■ 教科サイト
各教科担当の先生が運営する教科サイトがあます。予習や復習の材料など先生自ら発信されるサイトで生徒1人1人の自習を助けています。

■ [高校2年] オーストラリア留学(一年間留学)
学寮生活を楽しみながら、その国の文化や考え方を深く理解し、広い視野も身につきます。

■ [高校2年] オーストラリア語学研修(約20日間留学)
交流校の生徒宅にホームステイ。アットホームな雰囲気を楽しみ、午前中は英語研修、午後は交流校の授業に参加。

■ ASEAN文化研修
-タイ研修旅行-(隔年) 異文化体験、日本とのつながりの深いタイにてアジア的精神風土の理解を深める。交流校のアクティビティーに参加。

■ ヨーロッパ服飾研修
パリ、ブルージュ、アントワープ、ブリュッセルを訪問。ヨーロッパ服飾の歴史と実状を学び、自らの資質向上の研修を行う。

■ 姉妹校との交流
本校では、オーストラリア、タイにある姉妹校との交流を積極的に行っています。姉妹校の生徒と先生が日本を訪問し、一緒に授業を体験します。夜は、希望する生徒の家にホームステイし、形だけでは終わらないより深い交流を行っています。

歴史・沿革

明治30年
(1897年)
堀越千代女史、和洋裁縫女学院 を麹町区飯田町3-22(現在の千代田区富士見町富士見小学校前)に 創設 。
明治34年 9月27日私立学校令により、私立和洋裁縫女学校と改称。以後この日をもって創立記念とする。
昭和3年
(1928年)
専門学校令により、和洋女子専門学校に昇格。和洋裁縫女学校はそのまま存続。
昭和10年 文部省の推薦により、稗方弘毅が校長ならびに理事長に就任。
昭和11年 和洋裁縫女学校を和洋女子学院と改称。
高等女学校程度の本科普通科・本科師範科・和洋裁専修科・選科等を置く。
昭和21年
(1946年)
和洋女子専門学校を市川市国府台の旧陸軍施設跡に移転。
昭和22年 和洋女子中学校を九段に設置。
昭和23年 和洋国府台女子高等学校 および和洋九段女子高等学校設置。
昭和24年 和洋国府台女子中学校設置。和洋女子専門学校を和洋女子大学に昇格。
家政学部生活学科・被服学科・大学別科を置く。
和洋九段女子高等学校・和洋女子中学校を和洋女子大学付属九段女子高等学校・同中学校と改称。
昭和25年
(1950年)
和洋国府台女子高等学校・同中学校を和洋女子大学付属国府台女子高等学校・同中学校と改称 。
昭和28年 栄養士養成施設指定。
昭和29年 和洋女子大学短期大学部に国文科を増設。
昭和36年 和洋女子大学家政学部を文家政学部として英文学科を増設。
昭和41年 大学学部に国文学科、短期大学部に英文科を増設。管理栄養士施設指定。
昭和48年
(1973年)
和洋女子大学短期大学部を和洋女子短期大学と改称。
田村謙治、付属国府台女子高等学校・同中学校の校長に就任。
昭和49年
(1974年)
長瀬英一、理事長・学長に就任。
昭和54年 松田惇雄、理事長・学長に就任。
昭和57年
(1982年)
和洋女子大学付属国府台女子中学校を市川市国分の現在地に移転 。
平成3年 田村謙治、理事長に就任。
平成4年
(1992年)
和洋女子大学付属国府台女子中学校を 和洋国府台女子中学校と改称 。
高等学校・九段校もそれぞれ和洋国府台女子高等学校・和洋九段女子中学校・和洋九段女子高等学校と改称する。赤羽新一、和洋国府台女子高等学校・同中学校の校長に就任。
平成9年 和洋学園、100周年を迎える。
平成10年 4月、和洋女子大学文家政学部を人文学部と家政学部に分け、学科の名称を変更し、国際社会学科と生活環境学科を新設。また、和洋女子短期大学を和洋女子短期大学部と名称変更し、学科名称も変更。
7月、和洋国府台女子高等学校新校舎(第1期工事分)竣工。
平成12年 12月、和洋国府台女子中学校礼法研修棟、 「春望亭」 竣工。
平成14年 和洋女子大学大学院(人文学科・総合生活研究科)を設置。
平成16年 3月、和洋国府台女子高等学校メディア棟(第2期工事分)竣工。
平成18年 被服科をファッションテクニックス科へ改称。

Page Top